土留め壁の支持構造

開放特許情報番号
L2020001839
開放特許情報登録日
2020/9/14
最新更新日
2020/9/14

基本情報

出願番号 特願2018-100428
出願日 2018/5/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-203347
公開日 2019/11/28
発明の名称 土留め壁の支持構造
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 掘削底面より下方地盤に控え壁状の地盤改良部が設けられる土留め壁の支持構造
目的 必要とされる変位抑止性能を確保したうえで、地盤改良の範囲を低減することが可能な土留め壁の支持構造を提供する。
効果 控え壁状の地盤改良部によって土留め壁に必要とされる変位抑止性能が確保できるうえに、短尺部の上方又は下方は地盤改良を行わなくてもよくなるため、地盤改良の範囲を低減することができる。
技術概要
掘削底面より下方地盤に控え壁状の地盤改良部が設けられる土留め壁の支持構造であって、
前記地盤改良部は、土留め壁の壁面に対して略直交する方向に延伸されるとともに、前記土留め壁に隣接して設けられる深度方向に長い長尺部と、前記長尺部の上部又は下部にのみ隣接して設けられる短尺部とを備えていることを特徴とする土留め壁の支持構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT