車輪踏面形状連続測定装置及び方法

開放特許情報番号
L2020001835
開放特許情報登録日
2020/9/14
最新更新日
2020/9/14

基本情報

出願番号 特願2018-117075
出願日 2018/6/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-219285
公開日 2019/12/26
発明の名称 車輪踏面形状連続測定装置及び方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 車輪踏面形状連続測定装置及び方法
目的 車輪の踏面形状を連続的に測定することができ、車輪の踏面の状態変化を正確に把握することができる車輪踏面形状連続測定装置及び方法を提供する。
効果 車輪の踏面形状を連続的に測定することができ、車輪の踏面の状態変化を正確に把握することができる。
技術概要
車両のばね上部に設定されたセンサ取付部に取り付けられ、前記車両の車輪の踏面形状を非接触で測定する光学式車輪踏面形状測定器と、
該光学式車輪踏面形状測定器が測定した踏面形状に対して、前記センサ取付部と前記車輪の踏面との相対的変位の補正を行う測定結果処理装置とを備え、
走行中の前記車両の車輪の踏面形状を連続的に測定可能であることを特徴とする車輪踏面形状連続測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT