状態診断装置及び状態診断方法

開放特許情報番号
L2020001831
開放特許情報登録日
2020/9/14
最新更新日
2020/9/14

基本情報

出願番号 特願2018-127621
出願日 2018/7/4
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-008347
公開日 2020/1/16
発明の名称 状態診断装置及び状態診断方法
技術分野 情報・通信、輸送、電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 回転電気機械の状態診断装置等
目的 回転電気機械を監視対象物とした場合の状態監視について、従来手法とは異なる新たな手法を実現する。
効果 対地漏洩電流に対する周波数分析を行うことで、対地漏洩電流の変化を検出し、回転電気機械の異常を判定することが可能となる。監視対象物に温度センサや振動センサを取り付ける必要がなく、またこれらのセンサに対する配線も不要となり、全く新しい手法を実現できる。
技術概要
可変速制御がなされる回転電気機械の対地漏洩電流を検出する検出手段と、
前記検出された対地漏洩電流に対する周波数分析を行う分析手段と、
前記分析手段の分析結果に基づいて、前記回転電気機械の異常を判定する異常判定手段と、
を備えた状態診断装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT