レールの伸縮継目用締結装置

開放特許情報番号
L2020001774
開放特許情報登録日
2020/9/4
最新更新日
2020/9/4

基本情報

出願番号 特願2018-137358
出願日 2018/7/23
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-016010
公開日 2020/1/30
発明の名称 レールの伸縮継目用締結装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 レールの伸縮継目用締結装置
目的 レールやまくらぎの劣化、締結力の低下、軌道変位の発生に伴う保守量の増大といった問題の発生を未然に防止することができる、レールの伸縮継目用締結装置を提供する。
効果 伸縮継目の車両通過時の沈下量を、伸縮継目前後の軌道と同程度にすることによって、車両が伸縮継目上を通過する際に大きな荷重が発生することを防止することができ、これによって、車両や軌道に過大な負担がかかったり、乗り心地が悪くなることを軽減することができる。特に、軌道においては、レールやまくらぎの劣化、締結力の低下、軌道変位の発生に伴う保守量の増大といった問題の発生を未然に防止することができる。
技術概要
まくらぎ上に調整板を介してアンカーボルトにより固定される一対の横圧受け金具と、前記横圧受け金具間の前記調整板上に、軌道パッドを介して載置される、受けレールおよびトングレールの少なくとも一方が固定される床板と、前記床板を前記軌道パッド上に弾性的に押さえ付ける弾性押圧手段とからなることを特徴とする、レールの伸縮継目用締結装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT