ファイル転送システム

開放特許情報番号
L2020001742
開放特許情報登録日
2020/8/28
最新更新日
2020/8/28

基本情報

出願番号 特願2009-200270
出願日 2009/8/31
出願人 アンリツネットワークス株式会社、日本放送協会
公開番号 特開2011-053792
公開日 2011/3/17
登録番号 特許第5227275号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ファイル転送システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ファイル転送システム
目的 ファイルの転送時間を従来のものより精度よく予測することができるファイル転送システムを提供する。
効果 ファイルの転送時間を従来のものより精度よく予測することができるファイル転送システムを提供することができる。
技術概要
ファイルを転送するためにクライアント装置とサーバ装置との間で確立されたセションに割り当てられた優先度に基づいて、各セションの伝送帯域を制御する帯域制御装置と、各セションで転送されるファイルの転送時間を予測するファイル転送時間予測装置とを備え、帯域制御装置は、優先度が高くなるにつれて広くなるよう各セションの伝送帯域を制御し、ファイル転送時間予測装置は、ファイル転送を要求した順に高い優先度をセションに割り当て、ファイルの転送時間の予測が要求されたセションに対して、各優先度において転送できるデータのサイズを当該ファイルのサイズから減じていくことにより、当該ファイルの転送時間を予測する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT