高炉水素還元用コークス製造技術と脱炭素化1

開放特許情報番号
L2020001712
開放特許情報登録日
2020/8/24
最新更新日
2022/10/6

基本情報

出願番号 特願2018-128938
出願日 2018/7/6
出願人 大原 尚通
公開番号 特開2020-007439
公開日 2020/1/16
登録番号 特許第6518860号
特許権者 大原 尚通
発明の名称 コークス乾式消火設備
技術分野 機械・加工、その他、無機材料
機能 環境・リサイクル対策、加熱・冷却、機械・部品の製造
適用製品 コークス 粒体 耐火物 鐵工 石炭
目的 高炉水素還元の確実性を高めるコークス製造技術をコークス乾式消火設備CDQにより実現する。

高強度コークス製造 製鉄 石炭有効利用 省エネルギー 熱回収 整粒 乾留 乾燥 低炭素化 COURSE50
効果 高強度に加え低反応性と通気通液性を備えたコークスを、競争力と生産量、コークス炉寿命への悪化を抑えて製造できる。

コークス品質向上 石炭有効利用 発電 熱回収
発電量増加による系外の給電能力の向上
特許6757111と併用し高効率高機能化を実現します。
技術概要
コークス乾式消火設備の「偏流しないスローピングフリュー」と「垂直降下させるブラストヘッド」により、[1]プレチャンバーの大口径大容量化で”二次乾留時間を確保[2]コークス均一降下で乾留律速部の品質補填[3]充填高さ低下による摩滅エネルギーの低減で空隙率を維持、を実現する。結果、高炉水素還元下でコークス高強度、低反応性、高い通気通液性を発現できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 装入炭単価の低減、発電量の増加、CDQ保全コスト低減、コークス品質向上、
改善効果2 チャンバー建設コスト低減、偏流防止板省略、ボイラー前除塵器省略、消火塔・CSQコスト削減、送骸設備保全コスト低減、赤熱コークス搬送サイクルタイム短縮、狭小用地有効利用
改善効果3 炭酸ガス削減、原料炭使用削減、降下粉塵低減、

登録者情報

登録者名称 大原 尚通

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT