衝撃の瞬間時におけるLPG、LNG、水素などのボンベ用防災型安心コンテナ

開放特許情報番号
L2020001661
開放特許情報登録日
2020/8/19
最新更新日
2020/8/19

基本情報

出願番号 特願2007-031270
出願日 2007/1/14
出願人 有限会社日本環境電装
公開番号 特開2008-169993
公開日 2008/7/24
登録番号 特許第5012068号
特許権者 有限会社日本環境電装
発明の名称 衝撃の瞬間時におけるLPG、LNG、水素などのボンベ用防災型安心コンテナ
技術分野 機械・加工、輸送、電気・電子
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、加圧・減圧
適用製品 衝撃の瞬間時におけるLPG、LNG水素などのボンベ用防災型安心コンテナ
目的 ガスボンベの災害時における安全性を確保するために、従来に無い機能をボンベに搭載することで、人命を護るための近未来の必需品とするのが目的です。
効果 火災や災害時に、ボンベによる二次災害を防げることで、家庭用、車載用と幅広く採用出来て、安心出来る装置となります。
技術概要
本特許は、特許第4962770「水素、酸素によるLPG、LNGを用いた高速加熱触媒器内蔵の燃焼触媒補助装置」の周辺特許となりますが、その水素実施例で採用しているLPGボンベの更なる安全性を上げるために、発明しました。
それを使うディーゼル車両には、トラック、セダン型、ワゴン車、SUV、ミニバンタイプ、キャンピングカーなどが挙げられますが、火災時等安全性は飛躍的に向上、災害時にはそのLPGが、緊急のエネルギー源として、重宝されることが期待されます。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【否】

登録者情報

登録者名称 有限会社 日本環境電装

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT