容器の選別装置及び選別方法

開放特許情報番号
L2020001657
開放特許情報登録日
2020/8/19
最新更新日
2020/8/19

基本情報

出願番号 特願2010-113629
出願日 2010/5/17
出願人 株式会社サタケ
公開番号 特開2011-240235
公開日 2011/12/1
登録番号 特許第5617341号
特許権者 株式会社サタケ
発明の名称 容器の選別装置及び選別方法
技術分野 機械・加工
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 容器の選別装置であって、ガラス瓶、プラスチック容器、缶、紙容器等の各種廃棄物容器を選別するもの。
目的 ガラス瓶を色別に選別することができ、かつペットボトル等の透明なプラスチック容器とも分別することができる容器の選別装置及び選別方法を提供することを目的とする。
効果 容器の材質をペットボトル等のプラスチックとそれ以外とに判別できる。また、透明な容器の色を判別できる。そして、複数の判別結果を適宜組み合わせることで、選別部においてガラス瓶を色別に選別することができ、かつ缶や紙容器等の光を透過しない不透明な容器のみならずペットボトル等の透明なプラスチック容器とも分別することができる。さらに、ガラス瓶に加え、ペットボトル等の透明なプラスチック容器についても色別に選別することができるため、容器のリサイクルの観点から好ましいものである。
技術概要
第一照明手段と第一センサとが対向して配置され、当該第一照明手段と第一センサとの間に配置される偏光面の向きが互いに直交する二枚の偏光フィルタを介して、前記第一照明手段からの光を前記第一センサが受光する第一検出部と、第二照明手段と第二センサとが対向して配置され、前記第二照明手段からの光を第二センサが受光する第二検出部と、前記第一検出部からの受光信号に基づいて、前記二枚の偏光フィルタ間に存在する容器の材質を判別し、かつ前記第二検出部からの受光信号に基づいて、前記第二照明手段と前記第二センサとの間に存在する容器の色を判別する判別部と、前記判別部からの判別結果に基づいて容器を選別する選別部と、を備えることを特徴とするものである。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社サタケ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT