偏波モード変換器

開放特許情報番号
L2020001641
開放特許情報登録日
2020/8/19
最新更新日
2020/8/19

基本情報

出願番号 特願2007-509182
出願日 2006/3/7
出願人 国立大学法人京都大学、TDK株式会社
公開番号 WO2006/100905
公開日 2006/9/28
登録番号 特許第4669923号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 偏波モード変換器
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 TE偏波とTM偏波の間で偏光を変換する偏波モード変換器
目的 2次元フォトニック結晶の内部に設け、又は2次元フォトニック結晶にスムーズに接続することができる偏波モード変換器を提供する。
効果 TE偏波をTM偏波に、TM偏波をTE偏波に、それぞれ変換することができる偏波モード変換器が得られる。この偏波モード変換器は2次元フォトニック結晶を母体とするものであるため、2次元フォトニック結晶から成る光機能素子の内部に組み込むことができ、あるいは、そのような素子にスムーズに接続することができる。
技術概要
a) スラブ状の本体に該本体とは屈折率が異なる異屈折率領域を多数、格子状に配置して成る2次元フォトニック結晶と、
b) 上記異屈折率領域の欠陥を線状に形成して成る導波路であって、該導波路の長手方向と同じ方向に並ぶ該異屈折率領域の2個分以上の長さに亘って設けられた、断面形状が上下方向と左右方向にそれぞれ非対称である偏光変換導波路と、
を備えることを特徴とする偏波モード変換器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT