成形用スタンパおよび成形装置

開放特許情報番号
L2020001636
開放特許情報登録日
2020/8/19
最新更新日
2020/8/19

基本情報

出願番号 特願2006-242182
出願日 2006/9/6
出願人 京セラ株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2008-062484
公開日 2008/3/21
登録番号 特許第5061269号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 成形用スタンパおよび成形装置
技術分野 機械・加工、電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱可塑性樹脂などの被成形体を成形するための成形用スタンパおよび前記成形用スタンパを備える成形装置
目的 熱効率が大きい成形用スタンパおよび成形装置を提供する。
効果 基体に発熱抵抗体が配設されているので、基体が直接的に加熱される。基体を直接的に加熱するので、基体以外の構成に伝達する熱を抑制でき、熱損失を小さくすることができる。また基体を直接的に加熱するので、外部に熱が逃げることを防ぐための断熱手段を設けずとも熱損失が小さい。したがって断熱手段を設ける必要がなく、部品点数を削減でき、構成を簡単化することができる。
技術概要
被成形体を成形する側の表面部が凹凸状に形成される基体と、
前記基体に配設される発熱抵抗体とを含み、
前記基体に、前記発熱抵抗体に電気的に接続され、電磁波を受けて起電力を発生する起電力発生回路が配設されていることを特徴とする成形用スタンパ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT