感覚提示装置

開放特許情報番号
L2020001607
開放特許情報登録日
2020/8/17
最新更新日
2020/8/17

基本情報

出願番号 特願2017-009414
出願日 2017/1/23
出願人 国立大学法人電気通信大学
公開番号 特開2018-117682
公開日 2018/8/2
発明の名称 感覚提示装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 感覚提示装置
目的 嚥下障害のリハビリテーションにおいて、手技によらず、かつ嚥下感が得られやすい感覚提示装置を提供する。
効果 嚥下障害のリハビリテーションにおいて、手技によらず、かつ嚥下感が得られやすい感覚提示装置を提供することができる。
技術概要
頸皮膚に貼付される頸貼付部と、
前記頸貼付部が頸皮膚から剥離される方向に前記頸貼付部を牽引する牽引部と、
前記牽引部の牽引力を制御する制御部と
を備える感覚提示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT