順次表示する地図領域の全体像を適切に表示

開放特許情報番号
L2020001581
開放特許情報登録日
2020/8/10
最新更新日
2020/8/10

基本情報

出願番号 特願2009-271263
出願日 2009/11/30
出願人 株式会社 ミックウェア
公開番号 特開2011-113005
公開日 2011/6/9
登録番号 特許第5554972号
特許権者 株式会社 ミックウェア
発明の名称 地図情報処理装置、地図情報処理方法、およびプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 地図情報端末・ナビゲーション装置
目的 順次表示する地図領域の全体操を適切に表示するシステムの提供。
効果 ユーザが地図を順次操作して、地図で表示する領域を移動させていった場合に、ユーザが地図を移動させながら表示させた領域の全体像を把握しやすくなる。
技術概要
 
地図に関する情報である地図情報が格納され得る地図情報格納部と、地図情報を用いて、第一の地図を表示する第一地図表示部と、地図情報を用いて、第一地図表示部が表示する第一の地図が示す位置を含む領域の地図である第二の地図を表示する第二地図表示部と、第一地図表示部が表示する第一の地図に対する、地図の移動を含む操作を受け付ける操作受付部とを備え、第一地図表示部は、操作受付部が受け付けた操作に応じて、第一の地図の表示領域を変更し、第二地図表示部は、操作受付部が
受け付けた操作による第一の地図の表示領域の変更に応じて、第二の地図の表示を変更する地図情報処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 ユーザが地図を移動させながら表示した位置の全体像を適切に表示することができる。
改善効果2 ユーザが移動した位置を示す地図を、第二の地図に表示することができる。また、ユーザが運転する自動車が特定の動作を行った地点だけを、第二の地図上に表示することができる。これにより、例えば、第二の地図にユーザの移動した軌跡の概要を表示することができる。このように表示する軌跡は、自動車の位置の情報を、第二の地図情報上に表示する場合と比べて、自動車の細かい動き等が省かれるため、見やすい表示となる。
アピール内容 地図を表示する装置等として適しており、特に、地図で表示した位置の全体を表示する装置等として有用である。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT