急性腎不全の検出方法

開放特許情報番号
L2020001566
開放特許情報登録日
2020/8/10
最新更新日
2020/8/10

基本情報

出願番号 特願2011-519703
出願日 2010/5/25
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 WO2010/150613
公開日 2010/12/29
登録番号 特許第5648859号
特許権者 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 急性腎不全の検出方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 急性腎不全の非侵襲的な早期診断方法
目的 急性腎不全に対する、非侵襲的で感度のよい、新規な診断方法を提供する。
効果 急性腎不全を、非侵襲的に、感度よく、安定して診断するための方法が提供される。
技術概要
薬剤性急性腎不全の検出方法であって、
薬剤投与から24時間以上が経過した被験体の尿中のアクアポリン2の量を測定するステップ、
前記被験体の尿中のアクアポリン2の量を、健常検体の尿中のアクアポリン2の量と比較するステップ、及び
前記被験体の尿中のアクアポリン2の量が、健常検体の尿中のアクアポリン2の量と比較して有意に少ないときに、被験体が薬剤性急性腎不全に罹患していると示されるステップ、
を含む、前記方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT