ブルーベリーの栽培方法

開放特許情報番号
L2020001565
開放特許情報登録日
2020/8/10
最新更新日
2020/8/10

基本情報

出願番号 特願2011-040784
出願日 2011/2/8
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 特開2011-182790
公開日 2011/9/22
登録番号 特許第5712672号
特許権者 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 ブルーベリーの栽培方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ブルーベリーの栽培方法、特にマイクロプロパゲーションにより増殖したブルーベリー苗木のプロアントシアニジン含量を増やすブルーベリーの栽培方法
目的 マイクロプロパゲーションによって増殖したブルーベリー苗木のPAC含量を増やすブルーベリーの栽培方法を提供する。露地栽培の成木の葉に近いPAC含有量を苗木段階で得ることにより、早期収穫・周年複数回収穫を可能にしたブルーベリーの栽培方法を提供する。
効果 露地栽培の成木の葉に近い高PAC含量のブルーベリーの苗木が得られる。2〜3ヵ月の短周期で、高PAC含有苗木を収穫できる。天候等に支配されないので、安定した周年収穫が可能となる。
技術概要
ブルーベリーの苗木に、蛍光灯及び/又はLEDによる光照射を、照射強度が60〜330μmol・m↑−2・s↑−1で、照射期間が4〜12日間、連続照射することにより苗木に含まれるプロアントシアニジン(PAC)含量を増やすPAC増量段階を含む、ブルーベリーの栽培方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT