屋内位置推定用マッピングシステム及び屋内位置推定用マッピングプログラム

開放特許情報番号
L2020001555
開放特許情報登録日
2020/8/10
最新更新日
2020/8/10

基本情報

出願番号 特願2018-222171
出願日 2018/11/28
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2020-085715
公開日 2020/6/4
発明の名称 屋内位置推定用マッピングシステム及び屋内位置推定用マッピングプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 屋内位置推定用マッピングシステム及び屋内位置推定用マッピングプログラム
目的 屋内位置推定システムにおける位置推定のアルゴリズムと独立して、柔軟かつ直感的に操作することができ、対象となる屋内のマップ(レイアウト)を容易に作成及び変更することができ、対象となる携帯端末の高精度な位置情報を表示することができる屋内位置推定用マッピングシステム及び屋内位置推定用マッピングプログラムを提供する。
効果 マップ上で直感的に携帯端末の推定位置を確認して、各領域との相対的な位置関係も把握することができる。また、携帯端末が屋内を移動すれば、それに応じてマップ上の推定位置が更新され、その領域の表示色と識別ラベルにより、随時、携帯端末の推定位置を確認することができる。さらに、屋内位置推定システムで推定された携帯端末の推定座標のみを利用し、屋内位置推定システムとは独立してマップの作成、更新、及び表示を行うので、屋内のレイアウト変更等に対応して、領域の追加、削除、及び位置変更を適宜、行うことができ、柔軟性に優れる。
技術概要
屋内の未知の位置にある携帯端末が、該屋内に設置された発信機から発信される電波を受信した時の電波強度に基づいて、前記携帯端末の位置を推定する屋内位置推定システムと共に用いられて、該屋内位置推定システムで推定された前記携帯端末の位置を表示する屋内位置推定用マッピングシステムであって、
前記屋内を平面視したマップを表示するマップ表示手段と、該マップを複数の領域に分割する領域設定手段と、前記各領域の識別ラベルと前記マップ上の前記各領域の表示色を設定するラベリング手段と、前記屋内位置推定システムで推定された前記携帯端末の推定座標を基に該携帯端末の推定位置を前記マップ上に表示する推定位置表示手段と、前記推定位置が含まれる前記マップ上の前記領域の前記表示色を基に、前記推定位置が含まれる前記領域の前記識別ラベルを前記ラベリング手段から抽出して前記マップ表示手段に表示するラベル出力手段とを備えたことを特徴とする屋内位置推定用マッピングシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT