三次元形状提示システム及び触力覚提示装置

開放特許情報番号
L2020001534
開放特許情報登録日
2020/8/5
最新更新日
2020/8/5

基本情報

出願番号 特願2016-057112
出願日 2016/3/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-173988
公開日 2017/9/28
登録番号 特許第6600269号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 三次元形状提示システム及び触力覚提示装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 三次元モデルで表現可能な仮想物体の三次元形状を触力覚で提示する三次元形状提示システム及び触力覚提示装置
目的 三次元モデルで表現可能な仮想物体の三次元形状をより高解像度に触力覚で提示する三次元形状提示システム及び触力覚提示装置を提供する。
効果 手のひら内に収めて把持可能な小物体の触力覚をより高解像度に提示することができ、その用途を拡大させることができる。また、三次元形状提示システムの小型化の実現や低廉化も容易となる。
技術概要
三次元モデルで表現可能な仮想物体の三次元形状を触力覚で提示する三次元形状提示システムであって、
利用者の指先に装着され伸縮可能な複数の刺激ピンを有する触力覚提示装置と、
前記触力覚提示装置が所定の被接触対象物と接触した際に、当該接触した位置で、前記所定の被接触対象物の形状の輪郭と、提示する仮想物体の三次元形状の輪郭との差分に相当する長さとなるよう当該接触した刺激ピンの長さを制御し、且つ該刺激ピンの長さとなる位置で前記仮想物体の三次元形状の硬度データに応じた反力を該刺激ピンに発生させるよう制御する制御手段と、
を備えることを特徴とする三次元形状提示システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT