電解液および当該電解液を用いた蓄電デバイス

開放特許情報番号
L2020001495
開放特許情報登録日
2020/7/31
最新更新日
2020/7/31

基本情報

出願番号 特願2017-171369
出願日 2017/9/6
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2019-046746
公開日 2019/3/22
発明の名称 電解液および当該電解液を用いた蓄電デバイス
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 電解液および当該電解液を用いた蓄電デバイス
目的 これまでに報告されているリチウム塩およびイオン液体を含む電解液を用いた蓄電デバイスと比較して、優れた電気化学的特性と、イオン液体の利用によってもたらされる高い安全性と、を両方提供可能な新規の電解液、および当該電解液を用いた新規の蓄電デバイスを実現する。
効果 電解液を用いた蓄電デバイスに対して、優れた電気化学的特性と高い安全性との両方を提供できるという効果を奏する。また、本発明の一実施形態に係る蓄電デバイスによれば、優れた電気化学的特性と高い安全性との両方を実現できる。
技術概要
イオン液体、およびリチウム塩を含む電解液であり、
上記電解液の総体積を基準として、上記リチウム塩を、1.6mol/dm↑3〜3.0mol/dm↑3含み、
上記電解液の総体積を基準として、ビス(フルオロスルホニル)イミドアニオンを、1.6mol/dm↑3以上含むことを特徴とする、電解液。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT