神経細胞の製造方法及び神経細胞分化促進剤

開放特許情報番号
L2020001479
開放特許情報登録日
2020/8/10
最新更新日
2020/8/10

基本情報

出願番号 特願2010-223472
出願日 2010/10/1
出願人 学校法人 創価大学
公開番号 特開2012-075380
公開日 2012/4/19
登録番号 特許第5784296号
特許権者 学校法人 創価大学
発明の名称 神経細胞の製造方法及び神経細胞分化促進剤
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 胚様体から神経細胞を製造する方法に用いうる神経細胞分化促進剤
目的 薬剤を用いて多能性幹細胞を神経細胞へと迅速に分化させることを含む、安全性に優れた神経細胞を製造する方法を提供する。
多能性幹細胞を安全性に優れた神経細胞へと迅速に分化誘導しうる薬剤を提供する。
効果 ES細胞やiPS細胞に由来する胚様体から神経細胞を簡便に、しかも迅速に得ることができる。また、硫酸化阻害物質を有効成分とするものであり、遺伝子のように細胞内に組み込まれて細胞分裂と共に複製される性質のものではない。したがって、細胞から神経細胞分化促進剤を容易に取り除くことができ、安全性の高い神経細胞の提供することができる。
技術概要
胚様体と塩素酸塩とを接触させ、該胚様体中における糖鎖の硫酸化を抑制して該胚様体の神経細胞への分化を促進することを含む神経細胞の製造方法であって、
さらに胚様体とレチノイン酸とを接触させる工程を含む、製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人創価大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT