画像特徴量及びそれを用いる三次元形状検索システム

開放特許情報番号
L2020001452
開放特許情報登録日
2020/7/20
最新更新日
2020/7/20

基本情報

出願番号 特願2017-042156
出願日 2017/3/6
出願人 国立大学法人豊橋技術科学大学
公開番号 特開2018-147262
公開日 2018/9/20
発明の名称 画像特徴量及びそれを用いる三次元形状検索システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 スケッチ等の手書き画像から三次元物体モデルを検索するための特徴量を求める方法
目的 スケッチ等の手書き画像の新たな特徴量を定義し、該特徴量を求めることにより、従来技術と比べて、より高い精度で手書き画像を検索質問とする三次元形状検索システムを提供する。
効果 検索対象である三次元物体モデルの形状を考慮して高い精度で、手書き画像から三次元物体モデルの検索を行うことができ、所望の三次元物体モデルを検索結果一覧の上位に提示することができる。
技術概要
三次元形状データベースを検索対象とし、検索質問として用いる手書き画像における画像特徴量であって、
該画像特徴量が、三次元形状データベースに格納されている三次元物体モデルごとに生成するエッジ画像の特徴量に重みが掛け合わされ、該重みが掛け合わされたエッジ画像の特徴量の線形和として近似して構成されることを特徴とする画像特徴量。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT