検出装置および検出方法

開放特許情報番号
L2020001450
開放特許情報登録日
2020/7/20
最新更新日
2020/7/20

基本情報

出願番号 特願2017-197694
出願日 2017/10/11
出願人 国立大学法人豊橋技術科学大学
公開番号 特開2019-071008
公開日 2019/5/9
発明の名称 検出装置および検出方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 対象物の骨格データを用いる検出装置および検出方法
目的 画像または動画像データならびに3次元距離データにおいて、対象物の骨格データを用いて高精度に対象物の検出を行う検出装置およびその検出方法を提供する。
効果 3次元骨格データからロバストで高精度に対象物の動作を検出し判定できるようになる。
技術概要
画像または動画像データならびに3次元距離データにおいて、骨格データを用いて対象物の検出を行う検出装置であって、
画像または動画像データならびに3次元距離データの時空間上のデータ変化を学習しかつ判定するニューラルネットワークを備え、
当該ニューラルネットワークによって時空間上の畳み込み処理を行うことを特徴とする検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT