蒸発器の製造方法

開放特許情報番号
L2020001449
開放特許情報登録日
2020/7/20
最新更新日
2020/7/20

基本情報

出願番号 特願2017-213741
出願日 2017/11/6
出願人 国立大学法人豊橋技術科学大学
公開番号 特開2019-086198
公開日 2019/6/6
発明の名称 蒸発器の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 蒸発器の製造方法
目的 簡易な方法によりシール性と密着性を向上させることができる蒸発器の製造方法を提供する。
効果 管状本体の内部を低真空状態としつつ軟化させることにより、管状本体を縮径させることによって、内部に装着されるウイックの外部表面に管状本体の内部表面を密着させるものであることから、簡易な方法によるものである。また、多孔質材料のウイック内部も減圧状態となるため、縮径した管状本体の内部表面は、ウイックの表面に吸引されることとなり、緊密な状態で当接することから、ウイックの開口部付近におけるシール性は向上し、またウイックの外部表面との密着性も向上することとなる。
技術概要
多孔質材料によって有底筒状に構成されるウイックが管状本体の内部に装着されてなる蒸発器の製造方法であって、
前記ウイックの筒状の軸線方向を前記管状本体の軸線方向に向けつつ該ウイックを該管状本体内部に遊嵌させて、該ウイックを該管状本体の適宜位置に配置する設置工程と、
前記管状本体の内部圧力を低下させる減圧工程と、
前記管状本体のうち、前記ウイックが設置される領域を軟化温度まで加熱する加熱工程とを含み、
前記加熱工程は、前記管状本体のうちの前記ウイックが設置される領域を縮径させることにより、該ウイックの外部表面に該管状本体の内部表面を当接させるものであることを特徴とする蒸発器の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT