ペダルを踏み間違えても事故を回避する装置(ワイヤー式)

開放特許情報番号
L2020001432
開放特許情報登録日
2020/7/15
最新更新日
2020/7/22

基本情報

出願番号 特願2019-228843
出願日 2019/12/19
出願人 池田 敏明
登録番号 特許第6713085号
特許権者 池田 敏明
発明の名称 ペダル踏み間違いリセット装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 スロッルがワイヤー式の自動車
目的 ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えて、アクセルペダルを強く踏み込むことで車が急発進して暴走し、ペダル踏み間違いによる重大な事故が多発している。
 アクセルペダルを強く踏み込んで車が急発進するなら、アクセルペダルを強く踏み込んでも車が急発進しない、運転操作は現状を維持したまま、アクセルペダルの操作のみで車の急発進を防止する装置の開発。
効果 ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えて、アクセルペダルを強く踏み込んでも、スロッルバルブが閉じてアイドリング状態に戻り、車は急発進しない。
 さらに、補助ブレーキペダルを設けて、ブレーキペダルと補助ブレーキペダルを連結し、補助ブレーキペダルをアクセルペダル直下まで延長することで、アクセルペダルを強く踏み込んでも、補助ブレーキペダルを介してブレーキが作動し、車は確実に停止する。
 運転操作は、既存のペダル踏み込み式の操作と全く変わらず、普段通りの運転のままで、万が一の事故も防止できる。
技術概要
ペダル踏み間違いリセット装置は、アクセルペダルと、三角型状の溝を有するスライド板とを接続し、スライド板の溝の中をローター(アクセル)が周回する。
 ローターとスロットルワイヤーは接続されている。
 スライド板は、アクセルペダルの踏み込み量に応じて下降(または右へ移行)し、ローターもそれに応じてスロットルバルブを開く。
 ローターはアクセルペダルを踏み込み過ぎると、三角型状の溝の頂点を回動してアイドリング状態の位置に戻る。
 さらに、ブレーキペダルと連動する補助ブレーキペダルを備えると、アクセルペダルの更なる踏み込みによってブレーキペダルが押し下げられ、ブレーキが作動して車は停止する。
 アクセルペダルの踏み込みを解除すると、スライド板は前の位置に復帰し、エンジン始動時のアイドリング状態に戻る。
 下記写真の、白色の長方形がスライド板である。
「1.」エンジン始動時のアイドリング状態を示す。
「2.」アクセルペダルを一杯踏み込んでバルブは全開の状態を示す。
「3.」更にアクセルペダルを踏み込み続けると、ローター(アクセル)は溝を回動してアイドリング状態の位置に戻り、ブレーキが作動して車は停止している状態を示す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 池田 敏明

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT