映像符号化装置およびプログラム

開放特許情報番号
L2020001398
開放特許情報登録日
2020/7/10
最新更新日
2020/7/10

基本情報

出願番号 特願2015-224175
出願日 2015/11/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-092868
公開日 2017/5/25
登録番号 特許第6614935号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像符号化装置およびプログラム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 映像符号化装置およびプログラム
目的 送信側において、超解像パラメータを算出する際に、伝送する映像よりも高解像な映像を必要としない映像符号化装置およびプログラムを提供する。
効果 超解像パラメータを算出する際に、伝送する映像よりも高解像な映像を必要としない。
技術概要
入力映像を、第一の超解像方法で超解像する第一超解像部と、
前記入力映像を、非可逆圧縮する映像符号化部と、
前記映像符号化部により非可逆圧縮された映像を復号する映像復号部と、
前記映像復号部が復号した映像を、前記第一の超解像方法とは異なる複数の第二の超解像方法で超解像する第二超解像部と、
前記第一超解像部により超解像された映像と、前記複数の第二の超解像方法各々で超解像された映像とを比較して、前記複数の第二の超解像方法のうち、一つを選択する選択部と、
前記選択部が選択した前記第二の超解像方法を表す補助情報を出力する情報出力部と
を備える映像符号化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT