無限配位高分子(ICPs)を用いた一酸化炭素放出材料

開放特許情報番号
L2020001386
開放特許情報登録日
2020/7/8
最新更新日
2020/7/8

基本情報

出願番号 特願2017-039426
出願日 2017/3/2
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2018-145248
公開日 2018/9/20
発明の名称 無限配位高分子(ICPs)を用いた一酸化炭素放出材料
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 無限配位高分子(ICPs)を用いた一酸化炭素放出材料
目的 イミダゾール基を有する配位子を用いて合成したICPs提供する。
効果 マンガン錯体と複数のイミダゾール基を有する配位子とから構成されるICPsは、CO放出材料として機能する。
技術概要
カルボニル錯体と2個以上のイミダゾール基を有する配位子とから成る無限配位高分子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT