PCR法を用いた大腸菌の広域鞭毛抗原型判定方法

開放特許情報番号
L2020001369
開放特許情報登録日
2020/7/6
最新更新日
2020/7/6

基本情報

出願番号 特願2018-528532
出願日 2017/7/14
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 WO2018/016451
公開日 2018/1/25
発明の名称 PCR法を用いた大腸菌の広域鞭毛抗原型判定方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 PCR法を用いた大腸菌の広域鞭毛抗原型判定方法
目的 H型の判定を迅速かつ簡易に行うことが可能な実用的判定手法の開発。
効果 H型の判定を迅速かつ簡易に行うことが可能な実用的判定手法の提供が可能となった。
大腸菌のH型を遺伝学的に迅速かつ正確に判定することが可能となったため,医療や公衆衛生・食品衛生の場において,腸管出血性大腸菌を含む病原大腸菌感染症の予防や感染拡大を,より適切かつ迅速に防ぐことが期待できる。
技術概要
大腸菌の鞭毛を構成するフラジェリンをコードする遺伝子の多様性領域の核酸増幅を行うことにより,H型別の判定を行うことを特徴とする大腸菌H型別判定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT