金属の抽出剤、金属の抽出方法、及び金属の回収方法

開放特許情報番号
L2020001367
開放特許情報登録日
2020/7/6
最新更新日
2020/7/6

基本情報

出願番号 特願2016-149544
出願日 2016/7/29
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 特開2018-015736
公開日 2018/2/1
発明の名称 金属の抽出剤、金属の抽出方法、及び金属の回収方法
技術分野 機械・加工
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 金属の抽出剤、金属の抽出方法、及び金属の回収方法
目的 酸性水溶液から高選択的に金属を抽出することができ、かつ、酸性水溶液への漏出が抑制された金属の抽出剤、金属の抽出方法、及び金属の回収方法を提供する。
効果 酸性水溶液から高選択的に金属を抽出することができ、また、酸性水溶液への漏出による抽出剤の損失を抑制することができる。本発明は、湿式法による廃棄物酸浸出液からの有価金属回収・再利用法として利用することができる。
技術概要
式(I)で表される化合物から選択される少なくとも1種を含む金属の抽出剤。
[R↓1及びR↓2は、夫々独立に直鎖/分岐鎖状のC1〜18のアルキル基又はアルケニル基]
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT