血圧変動性モデル動物およびその製造方法、並びにこれを用いた血圧変動性に対する予防および/または治療剤のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2020001360
開放特許情報登録日
2020/7/6
最新更新日
2020/7/6

基本情報

出願番号 特願2019-077536
出願日 2019/4/16
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 特開2019-180411
公開日 2019/10/24
発明の名称 血圧変動性モデル動物およびその製造方法、並びにこれを用いた血圧変動性に対する予防および/または治療剤のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 血圧変動性モデル動物およびその製造方法、並びにこれを用いた血圧変動性に対する予防および/または治療剤のスクリーニング方法
目的 開胸手術といった侵襲的な手段によらずとも、血圧変動性増大の疾患モデルを提供しうる手段を提供する。
効果 開胸手術といった侵襲的な手段によらずとも、血圧変動性増大の疾患モデルを提供することが可能である。血圧変動性増大のモデル動物を提供するものであり、病態モデルとして有用である。本発明に係るモデル動物を用いることにより、血圧変動性を縮小させる薬剤の開発、ならびに既存の薬剤の血圧変動性増大に対する薬効評価が可能となる。
技術概要
アドレナリンα1受容体刺激薬を非ヒト動物に投与することを含む、血圧変動性モデル動物の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT