発電菌並びにそれを用いた微生物燃料電池及び発電方法

開放特許情報番号
L2020001358
開放特許情報登録日
2020/7/6
最新更新日
2020/7/6

基本情報

出願番号 特願2018-128206
出願日 2018/7/5
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 特開2020-009586
公開日 2020/1/16
発明の名称 発電菌並びにそれを用いた微生物燃料電池及び発電方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 発電菌並びにそれを用いた微生物燃料電池及び発電方法
目的 高い出力を有し、そして効率的な微生物燃料電池及び発電方法を提供する。
効果 高出力で発電することができる。また、クロストリジウム・ニューエンスを用いることにより、高い出力を有する微生物燃料電池を作製することが可能であり、効率的に微生物を用いて発電することができる。
技術概要
微生物燃料電池による発電方法であって、
発電開始時における、微生物燃料電池に含まれる細菌に対するクロストリジウム・ニューエンス(Clostridium neuense)の含有率が2%以上である、前記発電方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT