複合トリプルパワーを用いた自立可動防波堤

開放特許情報番号
L2020001340
開放特許情報登録日
2020/6/29
最新更新日
2020/6/29

基本情報

出願番号 特願2014-104714
出願日 2014/4/30
出願人 有限会社日本環境電装
公開番号 特開2015-209759
公開日 2015/11/24
登録番号 特許第6524602号
特許権者 有限会社日本環境電装
発明の名称 複合トリプルパワーを用いた自立可動防波堤
技術分野 土木・建築、機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、加圧・減圧
適用製品 複合トリプルパワーを用いた自立可動防波堤建設
目的 大地震などで襲来する巨大津波から、人命を護る為に、自動作動機能を備えています。
河川や港湾などの営みには影響を及ぼしませんが、日頃よりその時の為に向けた完璧な防波堤の可動ができるように、準備機能も備えたことで、従来では巨大津波に対しては、無防備である現状に対して、本特許で攻撃対応できます。
すなわち【攻撃は最大の防御】であり、人命を守ることが可能です。
効果 浮力と、災害時におこる波浪の自然エネルキーと、シリンダー可動のバックアップの動力源により、素早く波浪の遡上を防ぐように、水底における浸食作用を監視して、それに対する防御も考慮して安定した強度が出せるようにしました。
その上、従来のもつ工期やコストならびに強度的な欠点を解消することができます。
また、【特許6032421号の発明:地球温暖化と地震津波台風高潮対応の電型発電防波堤】との応用により災害被災地において電力確保することで、被災後も人命を守ることができます。
技術概要
波浪の圧力を受け止め直立する為に、常時浮力を溜めた状態でクラッチ付ウインチに巻かれて堤外に伏せている該自立可動堰は、気象庁の緊急警報放送を識別、及び任意の指令を受ける事で、該クラッチは解除されます。
浮力とバックアップのシリンダーの可動により水面まで浮上して波浪を待ち受け、波浪の圧力により、直立に自立するようにしています。
更に強い波浪の圧力を感知すると、該ウインチを巻く可動で該自立可動防波堤を保護し、波浪が納まると元通り浮力を持ち水面に伏せるようにした、複合トリプルパワーを用いた自立可動防波堤です。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 

登録者情報

登録者名称 有限会社 日本環境電装

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT