画像撮像装置および方法

開放特許情報番号
L2020001329
開放特許情報登録日
2020/6/26
最新更新日
2020/6/26

基本情報

出願番号 特願2011-189200
出願日 2011/8/31
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2013-051592
公開日 2013/3/14
登録番号 特許第5616861号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 画像撮像装置および方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像撮像装置および方法
目的 露出テーブルを自動的に決定可能とするとともに、精度の高いフリッカ補正を可能とする。
効果 露出テーブルを自動的に決定することが可能となる。これと同時に、画素の輝度補正、色ずれ補正の両方の精度の高いフリッカ補正を行うことが可能となる。
技術概要
台座上にセットされた撮像対象を、露光開始タイミングの異なる複数の画素グループである露光フィールドに分けて露光を行うイメージセンサを備えた画像取得部で撮像する画像撮像装置において、前記画像取得部に前記フリッカ検出プレートの再度の撮像を指示する露出時間・ゲイン設定部と、
を含むことを特徴とする画像撮像装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT