上下空気対流循環促進装置

開放特許情報番号
L2020001324
開放特許情報登録日
2020/7/15
最新更新日
2020/7/15

基本情報

出願番号 特願2019-079363
出願日 2019/4/18
出願人 下山 強
登録番号 特許第6614691号
特許権者 下山 強
発明の名称 上下空気対流循環促進装置
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 ハウス内の温度の平準化による燃料費削減と空気の澱みを解消する、上下空気対流循環促進装置
目的 現状のビニールハウスの大型化や形状のフリーサイズにも対応し得る、上下空気対流循環促進装置を提供する。
効果 従来の暖房システムをそのまま活かすことで初期投資金額を抑え、ハウス天井部に常に滞留して無駄に放熱していた高温空気を、送風機2台とダクトを介して上下空気の対流・循環を促し、温度の平準化により結露防止や病原菌等の抑制と燃料費の削減を図るものである。
技術概要
ビニールハウスの長手方向を前方域・中間域・後方域とに区分けし、ビニールハウスの長手方向天井部に前方送風機、後方送風機を流出方向を同じに設置させ、二股に形成された吸入管を接続し、前方送風機の出口側を、出口口径より大きな径の導入管の高温空気吸入口に適宜長さを挿入しその挿入間隙を複数枚の固定板でそれぞれを固定接続させ、また導入管の後端を、導入管より大きな径の混合管の高温空気吸入口に適宜長さ挿入し、
低温空気供給回路と、中間域と、逆方向に接続し、ビニールハウス後面に二股に分岐して立ち下げ屈曲したそれぞれの吐出管の先端を、吐出管より大きな径の延長吐出管の低温空気吸入口に適宜長さを挿入し、その挿入間隙を複数枚の固定板でそれぞれを固定接続し、後部略Y字型継手のビニールハウスの長手方向である直線方向の後部切換ダンパー側をビニールハウス後面のガラリに排出管で接続した高温空気供給回とからなる上下空気対流循環促進装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 前後2台の送風機で効率よく上下空気を対流循環、温度の平準化で燃料削減

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT