検査方法

開放特許情報番号
L2020001297
開放特許情報登録日
2020/6/24
最新更新日
2020/6/24

基本情報

出願番号 特願2018-101820
出願日 2018/5/28
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2019-207129
公開日 2019/12/5
発明の名称 検査方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 金属部材について、腐食の程度を評価する検査方法
目的 高温においても適用でき、プラントの稼働率の大幅な低下を抑制しつつ、高感度に金属部材の腐食の程度を評価でき、プラント稼働の安全性の確保に寄与することができる検査方法を提供する。
効果 高温においても適用でき、プラントの稼働率の大幅な低下を抑制しつつ、高感度に金属部材の腐食の程度を評価でき、プラント稼働の安全性の確保に寄与することができる検査方法を提供することができる。
技術概要
熱媒体を収納する空間において前記熱媒体が接触し得る金属部材についての検査方法であって、
前記空間内における前記熱媒体による前記金属部材の腐食反応に伴い発生するガスを検出することにより、前記金属部材の腐食の程度を評価することを特徴とする検査方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT