肺の製造方法

開放特許情報番号
L2020001284
開放特許情報登録日
2020/6/24
最新更新日
2020/6/24

基本情報

出願番号 特願2017-098477
出願日 2017/5/17
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2018-191579
公開日 2018/12/6
発明の名称 肺の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 肺の製造方法、キメラ非ヒト哺乳動物の製造方法、キメラ非ヒト哺乳動物、肺製造用セット及びキメラ非ヒト哺乳動物の由来となる非ヒト哺乳動物の受精卵の遺伝子型決定方法
目的 非ヒト哺乳動物の生体内で作製された多能性幹細胞由来の肺の製造方法を提供する。多能性幹細胞由来の肺を有するキメラ非ヒト哺乳動物及びその製造方法を提供する。多能性幹細胞由来の肺を製造可能な肺製造用セットを提供する。また、簡便に判別可能なキメラ非ヒト哺乳動物の由来となる非ヒト哺乳動物の受精卵の遺伝子型決定方法を提供する。
効果 非ヒト哺乳動物の生体内で作製された多能性幹細胞由来の肺の製造方法を提供することができる。多能性幹細胞由来の肺を有するキメラ非ヒト哺乳動物及びその製造方法を提供することができる。多能性幹細胞由来の肺を製造可能な肺製造用セットを提供することができる。簡便に判別可能なキメラ非ヒト哺乳動物の由来となる非ヒト哺乳動物の受精卵の遺伝子型決定方法を提供することができる。
技術概要
多能性幹細胞を調製する工程1と、
非ヒト哺乳動物の8細胞期又は胚盤胞期の受精卵中に前記多能性幹細胞を移植する工程2と、
前記受精卵を非ヒト仮親哺乳動物の母胎中で発生させて、産仔を得る工程3と、
前記産仔個体から肺を取得する工程4と、
を順に備え、
前記非ヒト哺乳動物は、発生段階において、肺の発生が生じない異常を有する非ヒト哺乳動物であり、
前記多能性幹細胞及び製造される肺は、前記非ヒト哺乳動物と異なる個体の異個体哺乳動物由来であり、且つ、前記非ヒト哺乳動物と前記異個体哺乳動物とは同種又は異種であることを特徴とする肺の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT