超伝導リアクタンス回路

開放特許情報番号
L2020001282
開放特許情報登録日
2020/6/24
最新更新日
2020/6/24

基本情報

出願番号 特願2016-256446
出願日 2016/12/28
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2018-110290
公開日 2018/7/12
発明の名称 超伝導リアクタンス回路
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 超伝導リアクタンス回路
目的 大電力・低周波数用で低損失の超伝導リアクタンス回路を提供する。
効果 超伝導リアクタンス回路は、第1の超伝導線と第2の超伝導線とから構成される。このため、大電流を流すことができる。また、その抵抗率が小さく、損失が小さい。さらに、回路の接続部分が少ないため、接続抵抗が小さく、接続損失による損失が小さい。
技術概要
第1の超伝導線の第1の部分の巻線から構成された超伝導リアクトルと、
前記第1の超伝導線の第2の部分と該第2の部分に対向して配置された第2の超伝導線とから形成された超伝導コンデンサと、
を備える超伝導リアクタンス回路。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT