骨盤押さえベルト

開放特許情報番号
L2020001169
開放特許情報登録日
2020/7/1
最新更新日
2020/7/1

基本情報

出願番号 実願2011-005214
出願日 2011/9/6
出願人 富士紡ホールディングス株式会社
登録番号 実用第3171808号
特許権者 富士紡ホールディングス株式会社
発明の名称 骨盤押さえベルト
技術分野 生活・文化、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 骨盤押さえ機能を有するベルト
目的 効果的に骨盤を押えることにより下腹部、ヒップラインの整容と骨盤の矯正を同時に且つ効果的に行うとともに、着用中のずれを防止する骨盤押さえベルトを提供する。
効果 最も気になる下腹部分を身生地と上段布部と下段布部の3重構造による重複部により強く引き締め、下腹部を整容することができる。また、背面に身生地のみからなる非重複部を設けることにより着圧に変化を付け、臀部の丸みを押し潰さずヒップラインを整容することができ、かつ着用中のベルトのずれを防止することができる。
技術概要
着用者の腰回りを被覆可能に形成された身生地と、該身生地に重ね合わされ縫着された緊締力を有する上段布部および下段布部と、該身生地の左右両端部に設けられた互いに係合自在な係合部を備えた骨盤押さえベルトであって、前記上段布部は着用者の下腹部より腰回りにかけて骨盤を上方から支持するように縫着され、前記下段布部は着用者の下腹部より臀部にかけて骨盤を下方から支持するように縫着されており、身生地の両端部付近であって着用者の下腹部にあたる位置には上段布部と下段布部と身生地とによる重複部が2箇所形成され、該2箇所の重複部の間であって着用者の背中側にあたる位置には身生地のみによる非重複部が形成されることを特徴とする骨盤押さえベルト。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 富士紡ホールディングス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT