創薬用トレイ移載装置【COVID対策支援宣言特許】

開放特許情報番号
L2020001128
開放特許情報登録日
2020/6/8
最新更新日
2020/6/11

基本情報

出願番号 特願2002-296373
出願日 2002/10/9
出願人 株式会社椿本チエイン
公開番号 特開2004-131231
公開日 2004/4/30
登録番号 特許第4212864号
特許権者 株式会社椿本チエイン
発明の名称 創薬用トレイ移載装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 創薬用トレイ移載装置 【新型コロナウイルス対策関連特許】
目的 高速で且つ回転運動を伴うようなトレイの移載を確実に行うことができ、創薬研究の分野において要求されるワークの高密度保管・高速ピッキングを実現する創薬用トレイ移載装置を提供する。装置停止時においても、把持中のトレイを解放することがなく、高密度保管されたトレイの中から特定のトレイを正確に取り出すことが可能な高信頼性の創薬用トレイ移載装置を提供する。
効果 高速旋回運動を伴うようなトレイの移動が可能になり、狭いスペースでのトレイの移載操作及び高速移載操作が可能になる。加えて、不慮の停電や装置停止時においても、把持状態にある水平チャックが解放されることがなく、トレイの落下等を防止することができる。
技術概要
複数の試料を収納したトレイと、該トレイを把持し、他の場所へ移動させるトレイハンドとからなる創薬用トレイ移載装置において、
前記トレイが、底面に係止片受部を有し、
前記トレイハンドが、互いに同期して等量ずつ開閉する一対の水平チャックと、前記トレイの下部に挿入されるトレイ受け板と、前記水平チャックの開閉動作と連動し前記トレイ受け板の開口部から上下方向に出没可能な係止片と、前記一対の水平チャックを閉状態に付勢する弾性部材と、前記一対の水平チャックの片方を前記付勢力に抗して開方向に移動させる直線ソレノイドと、該移動量と等しい距離、他方の水平チャックを開方向に移動させる変向機構とを有し、
前記水平チャックの閉動作により前記トレイを把持した時に、前記係止片が前記係止片受部に係合することを特徴とする創薬用トレイ移載装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 【COVID対策支援宣言特許とは】
・新型コロナウイルス感染症のまん延終結を目的とした開発、製造、販売などの行為に対し、国内外で保有する知的財産権の権利行使を行わないと宣言した企業の特許のこと
・権利行使を行わない期間は、原則として世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症まん延の終結宣言を行うまで
※一部の権利者は開放期間などに制限を加えたり、使用前の通知を条件に無償開放しています。開放特許の使用前に、必ず、以下のHPの「宣言者」ページから宣言者名をクリックして宣言書の内容をご確認ください。

詳細は以下のHPをご参照ください。
知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言

https://www.gckyoto.com/covid19

登録者情報

登録者名称 株式会社椿本チエイン

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT