耐摩耗性コーティング積層体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2020001121
開放特許情報登録日
2020/6/29
最新更新日
2020/6/29

基本情報

出願番号 特願2018-132327
出願日 2018/7/12
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2020-007628
公開日 2020/1/16
発明の名称 耐摩耗性コーティング積層体及びその製造方法
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 凝着および焼付の生じにくい耐摩耗性コーティング積層体及びその製造方法
目的 表面はDLC膜の耐摩耗性を保ちつつ、強粘着物質が凝着しても、上層膜が剥離することによって離型できる機能性表面を有する耐摩耗性コーティング積層体を提供する。
効果 表面はDLC膜の耐摩耗性を保ちつつ、強粘着物質が凝着しても、上層膜が剥離することによって離型できる機能性表面を有する耐摩耗性コーティング積層体を提供し得る。
技術概要
基板上に、ダイヤモンド状炭素(DLC)膜;Cu、Ni、CoもしくはFeである金属膜;ならびにDLC膜が順次積層されてなる耐摩耗性コーティング積層体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT