下肢装具

開放特許情報番号
L2020001102
開放特許情報登録日
2020/7/15
最新更新日
2020/7/15

基本情報

出願番号 特願2018-106017
出願日 2018/6/1
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2019-208728
公開日 2019/12/12
発明の名称 下肢装具
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 下肢機能障害者の歩行時の足部の背底屈動作を補助する下肢装具
目的 下肢装具において、足関節の背屈動作時の抵抗を一層低減するとともに、C形ばねの耐久性を高めること。
効果 装着者の足関節が背屈動作するとき、C形バネは、その一端において足装着部に対して回転し、C形ばねは弾性体から離反する。これにより、C形ばねの変形または歪は特許文献1に記載されているような従来技術よりも小さく、従って、背屈動作に対する抵抗は小さく、大きな背屈動作が可能となる。また、C形ばねの変形または歪が小さいことから、C形ばねの耐久性が向上する。
技術概要
装着者の足首に取り付ける脚装着部と、
装着者の足と共に前記脚装着部に対して移動可能に前記脚装着部に連結された足装着部と、
前記脚装着部と前記足装着部とを連結するC形ばねと、
前記C形ばねの内部に配置され前記足装着部に取り付けられた弾性体とを具備し、
前記C形ばねは、その一端部において、装着者の外果の近傍に配置される前記足装着部に設けられた回転軸を中心として回転可能に前記足装着部に連結されていることを特徴とした下肢装具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT