自転車に乗って漕ぎ出すときにフラフラして危険を感じるときあるがその危険を感じさせないルンルン自転車

開放特許情報番号
L2020001084
開放特許情報登録日
2020/5/28
最新更新日
2020/5/28

基本情報

出願番号 実願2019-004016
出願日 2019/10/2
出願人 岡崎 一明
登録番号 実用第3225388号
特許権者 岡崎 一明
発明の名称 ルンルン自転車
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 一般的な自転車及びアシスト自転車
目的 自転車に乗り漕ぎだすときにフラフラして危険を感じるときがあるが、その危険を感じさせない自転車を提供する。自転車に乗れなかった人も簡単に自転車に乗れるようになる。
効果 年老いて自動車の運転免許証を返納した人で自転車に乗れない人や足の不自由な人が、散歩や買物等をするとき、本考案のルンルン自転車が自動車代わりとして代用できる。また、ルンルン自転車は跨ってサドルに着座しているので、遠乗りの散歩や屋内施設の美術館等文化的施設の見学等ができるので余暇を楽しく過ごすことができる。
技術概要
 
ルンルン自転車のサドルに跨って着座したとき、両足の足裏が余裕で地面に接地するように、ハンドルとサドルの高さを調整することにより、自転車を足裏で漕いでいる時、段差や傾斜があっても危険を感じることがなくなる。また、アシスト自転車の速さを速度調整スイッチにより適正なスピードに設定すればより安全に散歩が楽しめる。さらにルンルン自転車は道路を進む時も、老人用の三輪車や電気自動車のように車幅が広くないので段差や傾斜を気にせず自転車に乗ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【否】
特殊仕様の提供 【否】
技術指導 【否】
技術指導料 【不要】 
コンサルティング 【否】
コンサルティング料 【不要】 

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
必要設備 【無】 
必要環境 【無】 
設備費用 【無】 
ポテンシャル 【不要】 
マーケット情報 【無】 
質的条件
事業化実績 【無】 
追加開発 【不要】 
その他情報 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【否】
設備売却の意思 【無】
設備購入ルート
自社ルート提供 【否】
設備メーカ紹介 【否】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【否】
追加情報 ルンルン自転車の乗り心地をより快適にするために幅広のサドルを取付け、着座面に快適なクッションを取付け、さらに背もたれを付ければ、ソファーに座っているような気分になれるので屋外での散歩やゆっくりと見学できる美術館の施設等で快適に過ごすことが出来る。
Copyright © 2020 INPIT