インパルス応答生成装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2020001076
開放特許情報登録日
2020/5/28
最新更新日
2020/5/28

基本情報

出願番号 特願2015-209634
出願日 2015/10/26
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-085265
公開日 2017/5/18
登録番号 特許第6650245号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 インパルス応答生成装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 インパルス応答生成装置及びプログラム
目的 残響付加において、測定音場の空間印象をより厳密に再現できる方向別のインパルス応答を生成するインパルス応答生成装置及びプログラムを提供する。
効果 残響付加において、測定音場の空間印象をより厳密に再現できる方向別のインパルス応答を生成することが可能となる。
技術概要
同一の音響信号を空間内の異なる位置に設置された複数のマイクロホンにより収音して得られた信号それぞれに基づき算出されたインパルス応答を用いて、当該インパルス応答における前記ピークのうち前記比較判定部により反射音と判定された前記ピーク以外のピークを除去して方向別のインパルス応答を生成する反射音除去部と、を備えることを特徴とするインパルス応答生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT