立体像表示装置

開放特許情報番号
L2020001073
開放特許情報登録日
2020/5/28
最新更新日
2020/5/28

基本情報

出願番号 特願2015-206522
出願日 2015/10/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-078776
公開日 2017/4/27
登録番号 特許第6633884号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体像表示装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 インテグラル立体方式により立体像を表示する立体像表示装置
目的 点光源アレイを使用したインテグラル立体方式において、従来よりも立体像の解像度を高めることが可能な立体像表示装置を提供する。
効果 点光源アレイを使用したインテグラル立体方式において、表示手段が従来と同一の画素数であっても、要素画像の数を増やして表示することができ、立体像の解像度を高めることができる。
技術概要
インテグラル立体方式により立体像を表示する立体像表示装置であって、
透過型の空間光変調器で構成された表示手段と、
前記表示手段に表示する複数の要素画像群の予め定めた個々の要素画像を背面から照射する位置に配置された複数の点光源で構成された照明手段と、
前記要素画像の前記表示手段への表示と前記照明手段における前記点光源の点灯とを同期して行う表示制御手段と、を備え、
前記表示制御手段は、
異なる視点位置の複数の要素画像で構成された要素画像群と、前記複数の要素画像とはさらに異なる視点位置の要素画像で構成された要素画像群とを、所定時間で切り換えて前記表示手段に表示する要素画像切り替え手段と、
表示対象の要素画像群に含まれる要素画像に対応する前記点光源のみを点灯するように、前記要素画像群の表示と同期して、点灯対象の点光源の点灯と他の点光源の消灯との切り替えを行う点光源切り替え手段と、を備え
前記照明手段と前記表示手段との間に、前記点光源ごとの光を透過する開口部を有する開口アレイを備えることを特徴とする立体像表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT