粉粒体の混合方法並びに装置

開放特許情報番号
L2020001068
開放特許情報登録日
2020/5/27
最新更新日
2020/5/27

基本情報

出願番号 特願2008-090281
出願日 2008/3/31
出願人 旭有機材工業株式会社
公開番号 特開2009-242052
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第5055183号
特許権者 旭有機材工業株式会社
発明の名称 粉粒体の混合方法並びに装置
技術分野 輸送
機能 材料・素材の製造
適用製品 粉粒体の混合方法及び装置
目的 複数ロットの粉粒体が順次投入されて、収納せしめられる槽から排出される粉粒体のバラツキを、効果的に低減することの出来る、粉粒体の混合方法及び装置を提供する。
効果 複数のロット間に粉粒体特性にバラツキがあっても、各ロットの粉粒体が、充分に均一に混合せしめられ得ることとなるために、流出せしめられる粉粒体における特性のバラツキが、効果的に低減され得ることとなるのである。
技術概要
横断面が多角形状を呈する長手の角筒状タンク本体にして、内部が、複数の仕切り板によって、複数の収容室にそれぞれ仕切られ、且つそれら複数の収容室が上部において相互に連通されてなるものを、その長手方向が水平面に対して傾斜して上方に延びるように且つ該多角形の一つの稜線が前記横断面において最下部に位置するように、傾斜配置せしめた状態において、該角筒状タンク本体の上端部に設けた粉粒体受入部を通じて、複数ロットの粉粒体を順次投入することにより、該タンク本体内の複数の収容室に対して上方の収容室から下方の収容室に粉粒体を順次収納する一方、該角筒状タンク本体の前記最下部に位置する稜線部位における前記複数の収容室の最下端位置にそれぞれ設けられた複数の流出部から、前記複数の収容室内に収容された粉粒体がそれぞれ同時的に流出せしめられて、混合されるように構成したことを特徴とする粉粒体の混合方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 旭有機材株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT