植物ステロイドホルモン(ブラシノライド)様活性をもつ非ステロイド化合物の創製

開放特許情報番号
L2020001051
開放特許情報登録日
2020/5/27
最新更新日
2020/5/27

基本情報

出願番号 特願2019-503152
出願日 2018/3/2
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2018/159827
公開日 2018/9/7
発明の名称 植物ステロイドホルモン(ブラシノライド)様活性をもつ非ステロイド化合物の創製
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ブラシノライド様活性を持つ新規非ステロイド化合物およびその用途
目的 ブラシノステロイド(BR)様活性を有する非ステロイド型新規化合物またはその塩を提供する。
効果 BR様アゴニスト活性またはアンタゴニスト活性を有することから、植物の成長調節剤、例えば植物の成長促進剤または成長抑制剤として有用である。
技術概要
BR様活性を有し、植物の成長の調節に有用である新規非ステロイド型化合物またはその塩、当該化合物またはその塩を含む農業用組成物、およびその使用を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT