心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法

開放特許情報番号
L2020001027
開放特許情報登録日
2020/5/22
最新更新日
2020/5/22

基本情報

出願番号 特願2016-160569
出願日 2016/8/18
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2018-027048
公開日 2018/2/22
発明の名称 心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測試験する方法、及びキット
目的 内科的治療が有効である心不全患者と、内科的治療が有効でない心不全患者を識別する技術を提供する。
効果 内科的治療が有効である心不全患者と、内科的治療が有効でない心不全患者を識別する技術を提供することができる。
技術概要
心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法であって、前記心不全患者に由来する心筋生検試料中の心筋細胞中のミトコンドリアのサイズを測定する工程、前記心筋細胞中のミトコンドリアの密度を測定する工程、又は前記心筋細胞におけるMitofusin−1遺伝子若しくはタンパク質の発現量を測定する工程を備える方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT