フレームレート拡大装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2020001009
開放特許情報登録日
2020/5/20
最新更新日
2020/5/20

基本情報

出願番号 特願2015-174952
出願日 2015/9/4
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-050824
公開日 2017/3/9
登録番号 特許第6650232号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 フレームレート拡大装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 フレームレートを拡大するフレームレート拡大装置及びプログラム
目的 視覚の積分効果を考慮することにより、動領域のアーティファクトを抑えたフレーム拡大を行うことが可能なフレームレート拡大装置及びプログラムを提供する。
効果 動領域のアーティファクトを抑えたフレーム内挿を行うことができるようになる。
技術概要
入力映像のフレームレートを拡大したフレームレート拡大映像を出力するフレームレート拡大装置であって、
フレームレート拡大映像を、フレームレート拡大倍率n(nは2以上の整数とする)が閾値以下の場合には第1のフレーム内挿法により生成された映像と決定し、フレームレート拡大倍率nが前記閾値を超える場合には第2のフレーム内挿法により生成された映像と決定するフレーム内挿法決定部と、
前記フレーム内挿法決定部により第1のフレーム内挿法により生成された映像と決定された場合には、入力映像の輝度値をn倍とした輝度レベル調整映像のフレーム間に、(n−1)枚の黒フレームを内挿したフレームレート拡大映像を出力する黒フレーム内挿部と、
前記フレーム内挿法決定部により第2のフレーム内挿法により生成された映像と決定された場合には、時間方向のフレーム位置に対して、入力映像の過去の所定の時間分のフレームを用いて各フレームを生成することによりフレームレート拡大映像を出力する積分効果考慮型フレーム内挿部と、
を備えることを特徴とするフレームレート拡大装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT