デジタル信号の送信装置

開放特許情報番号
L2020001005
開放特許情報登録日
2020/5/20
最新更新日
2020/5/20

基本情報

出願番号 特願2015-165704
出願日 2015/8/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-046097
公開日 2017/3/2
登録番号 特許第6646382号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 デジタル信号の送信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 衛星放送及び地上放送並びに固定通信及び移動通信の技術分野に関するものであり、特に、デジタル信号の送信装置
目的 歪補償における電力増幅器の非線形特性の影響を抑えつつ、送信装置側で衛星中継器等による歪を補償することにより、受信装置側での信号点配置のずれ幅を小さくし、より所要C/N劣化の小さいデジタル信号の送信装置を提供する。
効果 とりわけ実伝送路に非線形歪が含まれる場合や非線形歪の影響に弱い多値振幅位相変調のときに、所要C/Nの劣化を大きく改善する効果を奏する。
技術概要
所定の実伝送路を介して受信装置に向けてデジタル信号を送信するために、該デジタル信号を所定の変調方式で変調する送信装置であって、
実伝送路上の予め定めた複数の歪補償対象機器の入出力特性についてそれぞれ近似した入出力特性を有し、当該複数の歪補償対象機器の接続順とはそれぞれ逆の順序で縦属接続関係にある複数の疑似構成機器と、
当該複数の疑似構成機器の各々における通過後の信号点と通過前の信号点との差分をそれぞれ誤差ベクトルとして求め、当該デジタル信号の理想信号点に対し当該逆の順序で縦属接続関係にある複数の疑似構成機器の順に順次、前記誤差ベクトルの逆ベクトルを加算することにより、当該逆の順序で縦属接続関係にある複数の疑似構成機器の順にそれぞれ歪補償した信号点に変換するベクトル演算手段と、
当該複数の疑似構成機器ごとに当該逆ベクトルを加算するタイミングを調整するタイミング調整手段と、
当該歪補償した信号点のデジタル信号を直交変調する直交変調手段と、
を備えることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT