生体情報検出装置

開放特許情報番号
L2020001002
開放特許情報登録日
2020/5/18
最新更新日
2020/5/18

基本情報

出願番号 特願2018-012722
出願日 2018/1/29
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2019-129900
公開日 2019/8/8
発明の名称 生体情報検出装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 人体または動物などの生体の状態を検出するための生体情報検出装置
目的 加速度センサやジャイロセンサを用いることなく、乳幼児等を含む生体の動きの状態検出や生体の動きまたは健康状態を正確に検出する生体情報検出装置を提供する。
効果 磁気シールと磁気センサの組み合わせという極めて簡単な構成で乳幼児等を含む生体の反転を検出することができる。
乳幼児等を含む生体の健康状態を容易かつ安価な装置で検出することが可能になる。
技術概要
生体に取り付けた磁気シールと、
生体と離れた位置に配置した磁気センサとを備え、
前記磁気センサは、前記生体が動いて前記磁気シールの磁極が反転したときに、前記生体の反転を検出する、
生体情報検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT