ハロゲン化スズペロブスカイト化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2020000992
開放特許情報登録日
2020/5/15
最新更新日
2020/5/15

基本情報

出願番号 特願2017-161309
出願日 2017/8/24
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2019-038714
公開日 2019/3/14
発明の名称 ハロゲン化スズペロブスカイト化合物の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 ハロゲン化スズペロブスカイト化合物の製造方法
目的 開放電圧(Voc)を向上することができるハロゲン化スズペロブスカイト化合物の製造方法を提供する。
効果 開放電圧(Voc)を向上することができるハロゲン化スズペロブスカイト化合物を得ることができる。
技術概要
ハロゲン化スズペロブスカイト化合物の製造方法であって、
一般式(1):
SnX↑1↓(m1)(1)
[式中、X↑1は同一又は異なって、臭素原子又はヨウ素原子を示す。1.8≦m1≦2.2を示す。]
で表される化合物と、塩化物とを含む前駆体溶液を加熱する工程
を備え、
前記塩化物は、
一般式(2A):
R↓nX2↓(m2)(2A)
[式中、Rは同一又は異なって、1価のカチオンを示す。X↑2は同一又は異なって、臭素原子又はヨウ素原子を示す。0.8≦n≦1.2、0.8≦m2≦1.2を示す。]
で表される化合物と、SnCl↓2とを含むか、又は、
一般式(2B):
R↓nCl↓(m3)(2B)
[式中、Rは同一又は異なって、1価のカチオンを示す。0.8≦n≦1.2、0.8≦m3≦1.2を示す。]
で表される化合物を含む、製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT