アルベンダゾール含有単球分化誘導剤

開放特許情報番号
L2020000986
開放特許情報登録日
2020/5/15
最新更新日
2020/5/15

基本情報

出願番号 PCT/JP2019/003802
出願日 2019/2/4
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2019/151514
公開日 2019/8/8
発明の名称 アルベンダゾール含有単球分化誘導剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 アルベンダゾールを有効成分とする単球分化誘導剤
目的 新規な血球系細胞の分化誘導剤を提供する。
効果 単球への高い分化誘導活性を有し、単球分化誘導剤として使用できる。さらにアルベンダゾールは、包虫症(エキノコックス症)治療薬として既に市販されており、ヒトへの安全性についてもデータが蓄積されているため、安全な単球分化誘導剤を提供できる。
技術概要
アルベンダゾールを有効成分として含む、単球分化誘導剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2020 INPIT