定荷重付与装置とこれを備えた含水・含気材料からなる被測定物の含水率測定装置

開放特許情報番号
L2020000975
開放特許情報登録日
2020/5/13
最新更新日
2020/5/13

基本情報

出願番号 特願2018-054631
出願日 2018/3/22
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2019-168272
公開日 2019/10/3
発明の名称 定荷重付与装置とこれを備えた含水・含気材料からなる被測定物の含水率測定装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 定荷重付与装置と、これを備えた含水・含気材料からなる被測定物の含水率測定装置
目的 粗飼料の収穫調製や農家の給餌等の現場において、短時間に、かつ簡易に、粗飼料や堆肥などの含水・含気材料の含水率を測定する技術を提供する。
定荷重付与装置と静電容量式水分測定装置とを備え、短時間に、かつ簡易に粗飼料や堆肥などの含水・含気材料の含水率を測定することのできる含水率測定装置を提供する。
効果 粗飼料の収穫調製や農家の給餌等の現場、堆肥生産現場において、短時間に、かつ簡易に、粗飼料や堆肥などの含水・含気材料の含水率を測定する技術が提供される。
定荷重付与装置と静電容量式水分測定装置とを備え、短時間に、かつ簡易に粗飼料や堆肥などの含水・含気材料の含水率を測定することができる。
技術概要
コイル状に巻回された定荷重バネと、
前記定荷重バネを収納する筺体と、
前記筺体内に設けられている、前記定荷重バネが接続されるスライド機構と、
前記スライド機構と連結され、前記筺体内から筺体外に延びる荷重伝達具と、
前記荷重伝達具の下端と連結された荷重受け台と、
を備え、
前記スライド機構と前記荷重伝達具により、前記定荷重バネが、前記筺体内に、前記筺体外面上部から外力を下方に向けて加えたときに、前記筺体全体が垂直方向に下動して、前記筺体外面下部方向に前記の加えた外力にかかわらず一定の外力を伝えうるように、かつ、前記筺体外面上部から加えた外力を開放したときに、前記筺体全体が垂直方向に上動するように、配置されてなり、
前記筺体外面下部方向に伝えられる外力を、前記荷重伝達具を介して前記荷重受け台に伝達し、前記荷重受け台の直下に配置される静電容量式水分測定装置による静電容量測定を可能とした定荷重付与装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT